委託販売のマメ知識

やはり営業スタッフも大事

こんにちは!栃木県、県央から県北エリアの不動産売買専門店「イエステーションお家ネットワーク」の増渕です。

不動産売却を成功に導くには、パートナーとなる営業スタッフの質が重要です。

特に物件ごとの個別性が高く、知識の幅広さ、対応力を問われる中古市場において、その傾向は顕著です。

 

ちなみに、新築市場については少し話が変わってきます。

 

新築の購入時に重要視すべきは、その物件の価値です。

立地・周辺環境・施工会社など、何を価値とするかは人それぞれではあります。

ただ、新築についてはある程度の期間の保証もありますし、仮に欠陥があったとしても表面化するのはしばらく経ってからになりますので、リスク対策を担う営業スタッフではなく、あくまで物件の質を重視するべきでしょう。

 

また、新築マンションであれば販売センターに行けば、モデルルームや物件完成パースなど豊富なビジュアル情報があります。

パンフレット、図面集なども充実しており、得られる情報量が統一化されていますので、営業スタッフで選ぶ必然性がないともいえます。

 

対して中古物件の売買については、情報の統一化がされておらず、物件ごとに状況が大きく異なり、リスク対策も必要になってくるた、やはり営業スタッフを重視すべきです。

 

中古不動産の売買は、営業スタッフ次第では大きなトラブルに発展してしまうケースが散見されます。

中には不動産会社が細心の注意を払っていても、防げないようなトラブルも存在していますが、そんなときこそ、営業スタッフの力量によって事態は大きく変わってくるのです。

 

近年ではインターネットの普及により、各不動産会社が扱える物件情報には差が出てこなくなってきています。

自社物件でなくとも案内が可能なので、買主様はどの不動産会社に問合せても、同じ物件を内見できるようになっています。

誰に依頼しても物件情報に差が無くなってきているということは、より営業スタッフ自身の能力によって選ばれる傾向が強まることになります。

 

営業スタッフのレベルやスキル、そして人間としての資質によって、売主様の満足度に大きな違いが生まれるのです。

 

新築を購入するときは、営業スタッフに流されない。

中古購入・売却するときは、会社の姿勢と営業スタッフで選ぶ。

覚えておいて損はありません。

 

売主様の言う通りに査定価格を上げたり、自社に任せてもらいたいがためにあえて高い査定を言ってくる営業スタッフには要注意です。

 

愛想のよさも大事ですが、売却活動を客観的データとともにこまめに報告してくれる、やるべきことをやってくれる誠実な営業スタッフを選びましょう。

良い会社、良い営業スタッフ

 

 

売却を成功に導いてくれる「良い不動産会社」「良い営業スタッフ」を見つけることが重要と幾度かお伝えさせて頂いたと思います。

 

今回は「どうやったら見つかるのか」についての解説です。

ポイントにまとめたいと思います。

 

1.売却に強い不動産会社か?

一言に不動産会社と言っても、得意分野によって実はさまざまな種類が存在しているのをご存知でしょうか。

一般的に皆様の目に触れる機会が多い不動産会社の多くは、売買か賃貸のいずれかを主な仕事にしているところが多いです。

そして、売買に強い不動産会社のなかでもさらに「売主様」のお手伝いが得意なところと、「買主様」のお手伝いが得意なところが違ったりしています。

 

今回は売却を相談するわけですから、当然売却に強いところを選ぶ必要があるわけです。

どこで見分けるのかについては、売却の実績をお調べになると良いでしょう。

候補となる会社の自社ホームページを閲覧して、売却に関する情報は豊富か、自社が担当する物件の掲載数は多いか、といったところを見ていきます。

また、売却したい不動産の近所をSuumoなどで検索し、販売中物件の情報を見るのも参考になります。

同じ会社が異なる複数の物件を掲載していればある程度は売却案件を担当していることがわかります。

 

 

2.担当者にあって聞く

次は「1」であたりをつけた会社の営業担当者に会ってみましょう

最近の売却実績や、今までにうまくいったことなどを聞き、安心して任せられそうかを確認していきます。

絶対に聞くべきことは、今回の売却を担当する場合の販売戦略についてと、査定価格の根拠について、この2点は必ず聞いておくようにしましょう。

これらの質問への回答は、追々に購入検討者様に行うセールストークの元になるものですのでとても大切なポイントです。

 

 

3.担当者の印象

感じが悪かったり、清潔感がなかったりするような担当者は良くありません。

売却活動を任せる営業スタッフは、売却活動において売主様の代理を務めるイメージとなります。

相手方に好印象を与えられなければなりません。

査定時の小さな所作や言動などから人柄を推測するようにしましょう。

細かいところでは靴やカバンがあまりに汚い場合などは要注意です。

 

全てを完璧に把握することはむずかしいです。

良くわからなくなってしまったら単純に自分が抱いた印象も大事にしてください。

その方に接客される方は、今の自分と同じ印象を抱く可能性が高いので、時には直感も大事であったりします。

やはり営業スタッフも大事

日光店 増渕 雅史

お客様の資産を預かる身としてやるべきことをしっかりやって行き、 地元の街で継続して、一定水準以上のサービスをご提供する努力を行って行きます。

無料査定

不動産売却なら多くのお客様から
信頼いただいている
当社にお任せください!

ご相談・お問合せ

不動産に関するご相談・
お問い合わせはこちらから

その他の不動産売却の基礎知識

売却活動前に用意しておくもの
委託販売のマメ知識

売却活動前に用意しておくもの

不動産会社にも種類がある
委託販売のマメ知識

不動産会社にも種類がある

売るべきか否か
委託販売のマメ知識

売るべきか否か

閉じる
バナー