委託販売のマメ知識

売却活動前に用意しておくもの

売却活動前に用意しておくもの

こんにちは!栃木県、県央から県北エリアの不動産売買専門店「イエステーションお家ネットワーク」の増渕です。

今回は売却活動前に用意しておきたい書類などをまとめました。

今後の準備にご活用ください。

1.取得時の書類一式

わかりやすいところでは、売買契約書・重要事項説明書などの契約書類一式が挙げられます。

購入された時期や不動産会社にもよってさまざまなパターンがありますが、そこまで古くない場合は「契約書ファイル」などと印字された、専用の分厚いファイルにまとめられていることが多いと思います。

契約書類があった時に、併せて確認をしておいたほうが良いのは、取得時の各種領収書です。

これがあるか無いかによって、課税額がガラッと変わるようなことがありますので、優先度の高い書類となります。

また、マンションであればパンフレット、一戸建てであれば設計図書など、契約と付随して発行される書類も一式所在を確認しておくと良いでしょう。

 

また、比較的新しい物件であれば、「性能評価」や何かしらの「検査報告書」など、不動産のスペックを対外的に評価するような資料が残っていることもあります。

これらは、基本的に価格に対しプラス要因となりますので、併せて用意しておきます。

 

2.毎月の維持費が分かるもの

不動産に対し定期的に出費しているものは全てリストアップしておくと、後がスムーズです。

代表的なものを下記に列挙しておきます。

  • 管理費、修繕積立金
  • 駐車場代等
  • 組合費、町内会費等
  • インフラ設備の維持管理費(私道・下水など)

 

3.固定資産税、都市計画税の明細

毎年5月頃に郵送で納付書が来ているはずですので、直近のものを用意しておきましょう。

できれば支払い済みの領収書もあると万全です。

 

4.住宅ローンの資料

残債を確認しなければならないので償還表があるとベストです。

できれば、念の為、銀行に連絡し最新の残債を確認しておいたほうが良いです。

また、売却が完了するときには一気に完済をすることになりますので、そうなった場合の手続き方法や必要になる書類などもできれば確認しておきましょう。

 

5.権利証

権利証は、実際には決済引き渡しまで必要ではありません。

ただ、紛失されている場合は、引渡までに事前準備が必要なので「紛失しているか否か」の確認だけは済ませておいたほうが良いです。

ちなみに、最近では「登記識別情報」という書類に変わっています。

住民票などに使われるカラフルな用紙に暗証番号が印字されており、暗証番号を隠すために最初から目隠しシールが貼られています。

このシールが剥がされた形跡があると原則無効になりますので注意が必要です。

 

6.これまでに集めた資料

不動産に関する資料で今までに集めたものを一式まとめておきましょう。

不動産会社側に提出は必須ではありませんが、質問やご自身の考えをまとめる時にはきっと参考になるはずです。

 

7.家族会議

ご自身の家庭内についての意思統一はもちろん、出来ればご両親にもお話しておいた方がいいかもしれません。

過去に売買契約がまとまった後に、ご両親に報告したところ猛反対を受け、違約金を払っての解約になったような事例も存在しています。

 

 

どうか良いお取引を

以前にも一度触れていますが、不動産会社の選び方について、違った視点も紹介しておきたいと思います。

以前は「売却が得意な会社を探しましょう」といったところをお話させて頂いたかと思います。

今回はそうではなく、単純に「お客様想い」ということです。

ご自宅の売却にあたって、売主様は多くのご不安や期待を胸に抱いておられると思います。

「高く売れたらいいな」

「すぐに売れるかな」

「いい人に買ってもらえたらいいな」

 

しかし、売買というのは相手あってのことですので、中々思い通りにはいかない側面もございます。

希望を叶えることができなければ「売却を辞める」という選択をされる方もいらっしゃるかもしれませんが、住み替え予定など、売らざるを得ない方も中にはいらっしゃいます。

 

なかなかうまくいかないとき、パートナーである不動産会社がしっかりとリードしてくれるようであれば不安は大幅に軽減できるはずです。

また、事前の説明や、戦略の組み立て時点でのコミュニケーションがしっかりとれていれば、それだけでも不安要素はかなり減らすことができます。

 

売主様の立場になって精一杯のサポートをしてくれるような不動産会社に依頼ができれば安心して進むことができると思います。

 

また、「値下げ」など、時には厳しい判断をしなければならないこともあります。

そういった時にこそ、パートナーの真価が見えてきます。

言いにくいことでも、売主様の為であればはっきりと根拠をお見せしながら自信をもって提案ができるはずです。

ぜひ、真摯な対応をしてくれる不動産会社をご選択ください。

 

これまでにも複数回、似たお話をしたことがあるかと思います。

また同じく「後悔をしない為に」ともお伝えしてきました。

 

我々は不動産を通して幸せになった方々をたくさん見てまいりました。

しかし逆に、後悔されている方にお会いしたことも、もちろんございます。

 

とある売主様は売却完了後に、

「君に頼んでよかった」

「でも買う時からから君に頼めていれば、こんなことにはならなかっただろうなぁ」

と言われたことがございます。

 

とある理由での売却だったのですが、「購入時点でもっと正しい情報があれば違った選択をしていたと思う」と後悔されているご様子でした。

褒めて頂いたことは嬉しかったのですが、同じくらい悲しい気持ちも味わいました。

 

「とてもいい家だった」と買主様に引き継ぐのか、

「こんなはずじゃなかった」と売り払ってしまうのか、

 

この差は非常に大きなものです。

不動産売買は人生においても大きなイベントです。

そこでの喜びや後悔は、相対的に強く印象に残るものだと思います。

願わくはなるべく良いお気持ちで前に進んで頂きたい。

そのためにも、不動産会社選びはどうか慎重にして頂きたいと、そう思う次第です。

売却活動前に用意しておくもの

日光店 増渕 雅史

お客様の資産を預かる身としてやるべきことをしっかりやって行き、 地元の街で継続して、一定水準以上のサービスをご提供する努力を行って行きます。

無料査定

不動産売却なら多くのお客様から
信頼いただいている
当社にお任せください!

ご相談・お問合せ

不動産に関するご相談・
お問い合わせはこちらから

その他の不動産売却の基礎知識

レインズの存在と情報格差
委託販売のマメ知識

レインズの存在と情報格差

不動産売却に焦りは禁物です
委託販売のマメ知識

不動産売却に焦りは禁物です

売るべきか否か
委託販売のマメ知識

売るべきか否か

一括査定の活用方法
委託販売のマメ知識

一括査定の活用方法

閉じる
バナー