不動産売却物語
Vol.001
宇都宮店

【K様】管理が面倒となった家を売却したい。

ご相談の背景

■年代:50代
■職業:会社員

■住まいの地域:埼玉県
■ご相談の地域:栃木県矢板市
■売却の理由 :物件の管理が面倒なため
■お問合せ方法:ホームページ

ご相談の内容

5年前に実家を相続し現在空家となっている。
他県に住んでいるため管理するのが面倒。
住める状態ではないため、リフォームしたほうが良いのか。解体するべきなのかを相談したい。

ご提案した解決策

机上での査定を行い、委託販売で進めるには建物内外の荷物の処分、また場合により建物の解体が条件として発生してしまうことをご報告しました。
実際には現地を確認し、実際の荷物処分の費用と解体費用を見積もりし、再度委託販売と、そのままの状態での下取りをご提案させて頂きました。
1年に数回来ることもなかなかできず、近隣に迷惑をかけてしまっているという事もあり下取りをご選択することとなりました。
委託販売と下取りと手取り額を基準にご案内し、安心した取引をさせていただきました。

お客様のコメント

古い建物で住める状態ではなく荷物も多くあり困っていました。
近隣に迷惑をかけているのではと、夏場や年末は気がかりで仕方がなかったのですが、イエステーションさんの下取りのご提案で、買取をお願いしスッキリしました。
決まってからはとても早く手続きがすすみ安心でした。ありがとうございました。

スタッフのコメント

土地の適正な価格の提案を意識して査定価格を算出し、ご提案させて頂きました。
また査定以外に不動産売却時に発生する測量費用を当社が提携している測量会社に相談したうえで概算費用のご相談もさせて頂きました。

【K様】管理が面倒となった家を売却したい。

日光店 増渕 雅史

お客様の資産を預かる身としてやるべきことをしっかりやって行き、 地元の街で継続して、一定水準以上のサービスをご提供する努力を行って行きます。