不動産売却の基礎知識

家を売却する際、引っ越しのタイミングはいつ?手続きや費用もご紹介

こんにちは!栃木県宇都宮市・鹿沼市・日光市、県央から県北エリアの不動産売買専門店「イエステーションお家ネットワーク」の増渕です。

 

家を売却して新居に引っ越す、住み替え。

タイミングはいつにするのがスムーズか、準備はいつまでに済ませておけばいいかなど、具体的に知りたい部分はたくさんありますよね。

 

今回は、家の売却による引っ越しのタイミングについて解説します。

 

家の売却にともなう引っ越しの2つのタイミングやそれぞれのメリット・デメリット、家を売却して引っ越す際の注意点や手続きなどをお伝えしますね。

引越し作業と段ボール

 

 

家を売却するなら、引っ越しをするタイミングはいつ?

現在住んでいる家を売却して新しい家に住み替えようと考えたとき、引っ越しのタイミングは2つあります。

 

1つは売却が決まってから新居を購入し引っ越しをするパターン。

「売却先行型」と呼ばれます。

 

もう1つは家を売却する前に新居を購入して引っ越しをするパターン。

新居の購入が先なので「購入先行型」と呼ばれます。

 

それぞれのタイミングのメリット・デメリットをご紹介します。

 

売却先行型のメリット・デメリット

先に家の売却を決めてから引っ越しをする売却先行型では、売却金を新居購入や引っ越しの費用に充てられるのがメリット。

売却金が確定しているので新居購入の資金計画が立てやすいです。

 

また、売却の期限がなければ焦らずにじっくりと売却活動ができ、希望価格で売却できる可能性も高いでしょう。

 

ただし、売却が決まったあとは引き渡しまでに急いで新居を探さなくてはいけません。

引き渡しまでに新居が購入できなければ仮住まいなどを手配しなくてはならず、家賃や引っ越し代などの費用が余計にかかってしまいます。

 

購入先行型のメリット・デメリット

売却を決める前に新居を購入して引っ越す購入先行型では、ゆっくり新居を探して自分のタイミングで引っ越しできることがメリットです。

希望の新居をじっくり探すことができます。

引っ越したあとは元の家は空っぽになるので、購入希望者に内覧などもしてもらいやすいでしょう。

 

デメリットはすでに新居を購入してしまっているので、その後なかなか売却が進まないと焦ってしまうこと。

売り急いでしまい、予定よりも低い価格での売却になるというケースもあるでしょう。

ローンの残っている物件の売却が進まないと、住居費がダブルでかかってしまう可能性もあります。

 

不動産会社に売却の仲介をお願いすると、「売却先行型」をおすすめされることが多いでしょう。

不動産の売却は時間がかかるものなので、売却先行型なら焦らずじっくりと希望価格で売却活動を進められるからです。

 

 

家の売却にともなう引っ越しではココに注意!

家を売却して引っ越しをする場合、物件の「引き渡し日」までには家を出ていなくてはいけません。

 

引き渡し日とは、物件売却代金の残金を回収する日です。

不動産の売却では売買契約締結時に手付金を受け取り、残金決済時に引き渡しを行います。

住宅ローンを利用して購入する場合は、住宅ローン実行日となります。

 

引き渡し日までに引っ越しをするというのは、あくまで最終リミット。

実際は引き渡し日の1~2ヵ月前には引っ越しができるように準備を進めましょう。

 

引き渡し日には所有権移転登記の手続き、ローンが残っている場合には抵当権抹消登記の手続きも行います。

 

また、固定資産税や都市計画税の精算金も受け取っておきましょう。

固定資産税や都市計画税は1月1日時点の所有者に対して納付書が届きます。

売却後の税金を公平に負担するために、日割計算で買主の負担分を受け取っておくのです。

 

住宅設備の保証書や取扱書、建築関係書類などの引き渡しも行います。

引き渡し後のトラブルを避けるためにも、住宅設備に不具合がある場合などは買主に申告をしておきましょう。

 

 

家を売却して引っ越しをするときに必要な手続きやかかる費用

花瓶のあるリビング

引っ越しではいろいろな手続きがあって大変!

引っ越しで必要になる主な手続きを下記に挙げますので、参考にしてくださいね。

 

  • 元の自治体からの転出
  • 新しい自治体への転入
  • 火災保険の住所変更
  • 電気、ガス、水道の旧居での使用停止、新居での使用開始
  • インターネットの開通
  • 免許証の住所変更
  • 車や車庫証明の住所変更
  • こどもの転校・転園
  • 銀行口座、クレジットカード、保険などの住所変更
  • 郵便物の転送

 

引っ越し費用は時期や荷物の量、距離などによっても変わりますが、一戸建てだと6~10万円程度が相場です。

 

引っ越しが多い3月や9月は高くなり、10万円以上かかることも。

逆に引っ越しが少ない8月・11月は、少し割安に依頼できることもあります。

 

 

家の売却にともなう引っ越しには売却先行・購入先行の2つがある

家の住み替えで引っ越しをする場合、先に家の売却を決めてから新居を購入して引っ越しをする「売却先行型」と、先に新居の購入・引っ越しをしてから家の売却を進める「購入先行型」の2つのタイミングがあります。

 

それぞれメリット・デメリットがありますが、不動産会社からは売却先行型をすすめられることが多いでしょう。

 

どちらの場合でも、物件の引き渡し日(=購入残金決済日)までには引っ越しを完了させておく必要があります。

余裕を持ったスケジュールで進めていきましょう。

 

栃木で不動産の売却を検討している方は、栃木県エリアの不動産売買専門店「イエステーションお家ネットワーク」にぜひご相談ください。

お客様の不動産売却をできるだけ良い条件で査定・売却できるよう正しい姿勢で対応いたします!

 

家を売却する際、引っ越しのタイミングはいつ?手続きや費用もご紹介

日光店 増渕 雅史

お客様の資産を預かる身としてやるべきことをしっかりやって行き、 地元の街で継続して、一定水準以上のサービスをご提供する努力を行って行きます。

無料査定

不動産売却なら多くのお客様から
信頼いただいている
当社にお任せください!

ご相談・お問合せ

不動産に関するご相談・
お問い合わせはこちらから

その他の不動産売却の基礎知識

閉じる
バナー