不動産売却のコツ

不動産売却にかかる平均期間は?売却期間を短くするためのポイント

こんにちは!栃木県宇都宮市・鹿沼市・日光市、県央から県北エリアの不動産売買専門店「イエステーションお家ネットワーク」の星です。

 

これから不動産の売却を考えているけれど「売却するまでにどれくらいの期間がかかるのか」という不安がある方もいらっしゃると思います。

なるべく早くスムーズに売却できるのが理想的ですよね。

 

今回は不動産売却にかかる平均期間と売却期間が長くかかってしまう原因、期間を短くするためのポイントも紹介したいと思います。

電卓とノート

 

 

不動産の売却にかかる平均期間は?引き渡しまでの流れとそれぞれの目安

不動産を売却開始してから買主に引き渡すまでには、平均で3~6ヶ月かかります。

場合によっては、1年以上かかったケースもあります。

 

売却する場所や時期、価格によってかかる期間は変わってくるため、あまり意識しすぎず計画を立てるときの目安にしましょう。

 

売却から引渡しまでの流れごとの期間も参考に!

不動産に相談してから引き渡しまでの流れと、それぞれの段階ごとにかかる細かい期間の目安もご紹介します。

 

①売却する物件の相場を調べる

まずは、近くで売りに出ている家や似たような条件の物件の価格を確認し、自分で売却する物件の相場を調べてみましょう。

相場を知っておくことで査定を依頼したときに判断する基準になります。

 

②物件を査定してもらい、不動産会社と媒介契約を結ぶ<1ヶ月~2ヶ月>

次に売却物件を複数の会社に査定してもらいましょう。

複数の会社に頼むことで、物件の金額や対応の仕方などの違いを比較できます。

その中から、自分が納得し信頼できる不動産会社を見極め、依頼する会社が決定したら媒介契約を結びます。

 

※査定は家の価値を決める大事な作業なので、なぜその査定価格になったのかも不動産会社からしっかり説明を受けましょう。納得のいく説明が無い場合は不動産会社を変えるのもひとつです。

 

③売却を開始し、買主と売買契約を結ぶ<3ヶ月~5ヶ月>

不動産の売却を開始し、購入希望者と入居する時期や価格など相談します。

お互いが条件に納得できたら、契約書に署名と捺印し契約が成立します。

 

なかなか購入希望者が現れない場合は、価格の変更など不動産会社と相談して対策を考えてみましょう。

 

④決済が終わったら、物件の引き渡しを行う<2週間~1ヶ月>

売買契約を結び、売却代金を受け取って物件の引き渡しを行います。

引き渡す日程は、売主側の引っ越しと買主側の引っ越しの日程を調整しながら決定するため、売主側は余裕をもって早めに引っ越しを済ましておきましょう。

 

 

不動産の売却期間が長引く原因は?

家の形の花瓶

 

不動産売却はなるべくスムーズに短い期間で行いたいもの。

売却期間が長くかかってしまう原因には、以下のようなものがあります。

事前に把握して、対策をとっておくことが大事です。

 

売り出し価格が適切でない

購入希望者が現れない、または内覧の申し込みがあまりにも少ないという場合には、売り出し価格が近隣エリアの相場と比べて高い場合が多いです。

築年数や間取りに対しての売り出し価格が高すぎる場合、売却期間が長引く傾向にあります。

 

立地の問題により需要が低い

最寄り駅が遠い、車が必要な場所など交通のアクセスが不便な場所や、近隣にスーパーやコンビニ、薬局などが近くにない物件は需要が低いです。

立地条件の悪さも売却期間が長引く原因の1つといえます。

 

売主側のトラブル

離婚や相続トラブルによる共有者との意見の違いにより、問題が起きた場合にも長引きがちです。

まずは、早めに不動産会社に相談をすることをおすすめします。

 

不動産の実際の価値を知ることで売却に前向きになったり、プロの目線から話を聞くことで解決する場合があるため、ひとまず相談してみましょう。

 

売り出すタイミングが悪い

不動産の売却するときにはタイミングがとても重要です。

人の動きが少ない時期に売却すると買主が現れにくく、売却期間が長引く傾向にあります。

 

さまざまな原因がありますが、売却期間を短くするための対策も次で考えてみましょう。

 

 

不動産の売却期間を短くするためのポイント

売却期間を短くするための対策として、以下のポイントを押さえておきましょう。

 

①不動産が売れやすいタイミングを狙う

1月から3月は会社での異動や転勤・入学にむけて新居を探す人が多いため、不動産が売れやすい時期になってきます。

この時期に売却活動を始められるよう、売却準備を調整してみましょう。 

  

②売り出し価格は適正価格か確認する

購入を考えてる人もエリアの相場価格を把握しているため、売り出し価格をエリアの相場よりも高く設定してしまうと、希望者も現れにくくなってしまいます。

エリアの相場に基づいた適正価格に設定し、早く売却したい場合は売り出し価格を下げてみるのも1つの方法です。

 

値下げしすぎてしまうと利益が減ってしまうため、「この期間を過ぎたら値下げする」など担当者とよく相談をした上で見直しをするようにしましょう。

 

③物件の魅力を最大限にアピールする

内見するときに、購入希望者に物件の魅力をうまく伝えられるかどうかで購入するかどうかが決まってきます。

購入者にとっては今後生活していく大切な場所になるので、庭の草取りや玄関や水回りの清掃など室内を整理整頓し、良い印象を持ってもらえるように心掛けましょう。

 

④地域密着型の不動産会社に依頼する

立地条件が悪くて売れない場合は、地域密着型の不動産会社に依頼をしてみましょう。

地域特性に詳しく、独自のネットワークも強いところが多いため、より状況にあった販売戦略を立てることができます。

 

⑤不動産会社への「買取」も検討してみよう

どうしても早く売却したい理由や、住み替えのために売却期間が迫ってきている場合は

不動産会社に物件を直接買い取ってもらう「買取」という売却方法も選択肢の1つです。

 

「買取」にはメリットとデメリットがあります。

 

メリット

  • 購入希望者を探す手間がなくなる
  • 査定から引き渡しまでが短い期間で完結する
  • すぐに資金が手に入る

 

デメリット

  • 仲介で売却する場合の7割から8割の売却価格になる 

 

時間に余裕がある方は、仲介で売却する方がお得です。

お急ぎの方はデメリットか考えた上で検討してみても良いかもしれませんね。

 

 

不動産売却の平均期間は3~6ヶ月!計画性をもって準備を

不動産売却は平均で3~6ヶ月かかり、場合によっては1年以上かかるケースもあります。

 

売れやすいタイミングを狙う、適正価格か確認をする、物件の魅力を最大限にアピールする、地域密着型の不動産会社に依頼する、不動産会社への「買取」も検討するなど、事前に長引かないよう対策をとりましょう。

 

何ヶ月もかかる不動産の売却だからこそ、途中トラブルが起きないように定期的に相談できる信頼できる不動産会社を見つけることも大事です。

その地域での販売実績のあり、その地域の物件や相場を熟知している不動産売却のプロの手を借りましょう。

 

担当者と一緒に不動産売却の計画を立て、なるべく短い期間での不動産売却を目指してくださいね。

 

あなたの不動産の売却、「⾼く、安⼼して売る」仕組みをきちんと持った会社にまかせてみませんか?

イエステーションお家ネットワークでは、それぞれの店舗が管轄する地域をエリア分けして専属の担当者を配置しています。

お気軽にご相談ください。

不動産売却にかかる平均期間は?売却期間を短くするためのポイント

日光店 星 絵里花

不動産の売却はどんなふうに進めたらいいのか、ご心配なことや不安なことがたくさんあるかと思います。安心いただけるように売却の方法や流れもわかりやすくご説明致します。

無料査定

不動産売却なら多くのお客様から
信頼いただいている
当社にお任せください!

ご相談・お問合せ

不動産に関するご相談・
お問い合わせはこちらから

閉じる
バナー